fc2ブログ

はじめに

本ブログは中央競馬に関する予想や考察等について記載しています。 予想については情報量の差からG1レースを中心にしています。本サイトの内容について、作者の思い違い等により、誤った情報が記載されている可能性もあります。 また、本ブログの記載内容は予告なし変更・削除することがあります。 本ブログの利用によって生じた損害については当方では一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。 勝馬投票券は自己責任でご購入お願いします。

第58回 安田記念 の回顧

ウオッカが快勝しました。スタートもよく、4、5番手の内で経済コースを通ったとはいえ、2着のアルマダに3馬身以上引き離して勝ったので、強い内容であったと思います。

2着には2番手を追走していたアルマダが入りました。やはり、香港勢は強いということがいえます。
グッドババは15K減でさらに入れ込みがきつく本調子ではなかったといえます。東京コースまたは左まわりもあっていないのかも知れません。香港GIのチャンピョンズマイルではグッドババがアルマダに楽勝していますので、本調子であれば勝ち負けまであったといえます。

3着のエイシンドーバーも、スタートがよく、中段より前の位置で内々の経済コースを追走できたことが、好走した要因といえます。

対抗に評価したスーパーホーネットですが8着に負けてしまいました。スタートがまず悪かったです。ある程度前にいないと今の東京コースはきびしい。但し、スタートがよかったとしてもどうでしょうか。直線、追い出した時には既に手ごたえがありませんでした。実力的には過大評価してしまっていたと考えます。キストゥヘヴン等と同じ3着評価レベルであったと考えます。

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキング

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

2008.06.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 回顧

第75回 東京優駿(日本ダービー) の回顧

スローペースとなりました8Rの1000万下の青嵐賞より勝ちタイムが遅いレースとなりました。

内があれていたこともあり、1枠に入ったディープスカイは不利に見えましたが、四位騎手の思い切った騎乗で直線大外を追い上げて見事な勝利となりました。
NHKマイルカップを目標に仕上げれていたので押さえ評価としましたが、結果は能力をフルに発揮したものでした。
ちょっと、抜けた強さを感じられずにはいられない結果です。

2着のスマイルジャックはスローペースで旨くはまったといえます。
スローペースの良馬場でしたが、前日の雨のせいか全体的に上がりはかかっています。34秒台の上がりはディープスカイとブラックシェルだけです。この馬にとってスローペースと上がりがかかる競馬は好条件であったのではといえます。

3着のブラックシェルは馬群の中をついて後方から追い上げましたが、とどかずに3着。そう悲観する内容ではないですがディープスカイとは能力差を感じます。

4着のマイネルチャールズは切れる足はないが追ってばてないという感じで、この展開は有利であったと考えます。もう少し前で競馬したら違った競馬になっていたのではと考えます。

本命に評価したタケミカヅチですが、直線大外に出して追い込もうとしましたが、まったく伸びずに11着、同じように外に出したディープスカイが勝っていることを考えるとディープスカイの強さを強調する結果になりました。

今回は前に有利なながれで、追い込んで勝ったディープスカイはもちろんのこと、3着のブラックシェルも評価できる結果であったと考えます。

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキング

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

2008.06.05 | Comments(0) | Trackback(0) | 回顧

第69回 優駿牝馬(オークス) の回顧

勝ったトールポピーは中段のいいところにつけて、直線では内をうまくつくことができました。2着のエフティマイアも中段につけ、馬場の中ほどを差してきましたが、内にはいったトールポピーには届きませんでした。エフティマイアにとって今回の重馬場は上がりが速くならずによい結果につながったと思います。

重馬場だった東京コースですが、外は伸びない馬場でした。NHKマイルカップの時もそうでしたが、雨の後の東京は内のほうが伸びる傾向にあります。結果は直線うまく内に入った馬が上位にきています。
リトルアマポーラは大外枠であったこともありますが、終始外を回り、直線に向いたときには既に勝負はついていました。

馬券的には軽視してしまったトールポピーが勝って、本命にしたリトルアマポーラが7着となってしまいました。
リトルアマポーラについては悲観する内容ではないと考えます。今回の着順は大外枠から終始外を回った分で力負けとは考えません。
対抗に評価したブラックエンブレムは、桜花賞とは違って前で競馬ができましたが直線差されて4着となりました。実力的にはこの着順のレベルだと考えますが、距離はもう少し短いほうがよいかも知れません。

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキング

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

2008.05.28 | Comments(0) | Trackback(0) | 回顧

第3回 ヴィクトリアマイル の回顧

GIではめずらしい超スローペースで、位置取りの差が着順となったレースでした。
勝ったエイジアンウインズが上がり33.4秒ですので、エイジアンウインズより後にいたウオッカは、メンバー中最速の上がり33.2秒の足を使っても届きようがありません。武豊は追い出しをギリギリまで我慢していましたので、もう少し早く追い出せばとも思えますが、それよりも位置取りの差であったと考えます。

このメンバーで負けてしまったウオッカですが、本来なら負けてはいけない馬ですが、レース内容的にはそう悲観する内容ではなかったと思います。

ベッラレイアはいいところはありませんでした。ウオッカと同じような位置にいましたが、本来の伸びがいっさいありませんでした。

馬券的には軽視してしまったエイジアンウインズが勝って、本命にしたベッラレイアが8着となってしまいました。前走の阪神牝馬Sの勝ちを展開有利であったと考えましたが、結果的には阪神牝馬Sでキストゥヘヴンから3馬身離して先着しているエイジアンウインズとブルーメンブラットは高く評価する必要があったと考えます。

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキング

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

2008.05.24 | Comments(0) | Trackback(0) | 回顧

第13回 NHKマイルカップ の回顧

第13回 NHKマイルカップは、内の馬場があれていたため全体的に外を回り、直線で前が崩れ、空いている内を追い込んだ馬が上位を占める結果となりました。

1着ディープスカイ、2着ブラックシェル、3着ダノンゴーゴーは直線ロスなく内をあがってこれたことが大きかったと考えます。外を追い込んだ馬は、この3頭との距離差は大きく近づくこともできませんでした。

勝ったディープスカイは強かったですが、この着順及び着差が能力差だとは考えません。内が空かない場合は結果は違っていたと考えます。

ファリダットはやはりこの距離ではかかっていました。さらに外を回っての5着ですので、着差ほど悲観する内容ではなかったと思います。距離が短くなったら尚よいのではと考えます。次走に注目です。

いずれにしても馬券的には惨敗となってしまいました。実力的は評価していたディープスカイですが、道悪ということで押さえ評価にしてしまいました。ブラックシェルはローテーションがきつい、ダノンゴーゴーは1600mは長いと考え、馬券対象からはずしてしまいました。反省点は多いです。

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキング

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

2008.05.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 回顧

«  | HOME |  »