fc2ブログ

はじめに

本ブログは中央競馬に関する予想や考察等について記載しています。 予想については情報量の差からG1レースを中心にしています。本サイトの内容について、作者の思い違い等により、誤った情報が記載されている可能性もあります。 また、本ブログの記載内容は予告なし変更・削除することがあります。 本ブログの利用によって生じた損害については当方では一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。 勝馬投票券は自己責任でご購入お願いします。

第69回 優駿牝馬(オークス) の考察 (2)

前回の考察からさらに、全馬について考察していきます。

1枠 1番 シャランジュ
桜花賞で13着と惨敗、前々走のアネモネSではソーマジックから差のない2着でした。前が崩れる展開になれば多少チャンスはあるかと思いますがスローが予想されますので、ここは軽視してもよいと判断します。

1枠 2番 ハートオブクィーン
桜花賞では4着と善戦しましたが、これは直線内をついて経済コースを走れたもので着順程には評価できません。前々走、アネモネSでは14着、その前のフェアリーSでは12着と2桁着順も多く、ここでは厳しいと見ます。

2枠 3番 アロマキャンドル
前走のスイートピーSでは最後方から追い込んで1着となりました。前々走のニュージーランドTでは13着、その前のフラワーカップでは10着といいところはなかったのですが、東京コースでは負けはありません。いちょうステークスでは牡馬のスマイルジャックに先着して勝っています。警戒する必要があると考えます。

2枠 4番 レッドアゲート
前走のフローラSでは高位から直線差しきって勝っています。前々走のフラワーCではブラックエンブレムに負けていますが、外からいい足で差してきたレッドアゲートのほうが高く評価できる内容でした。ブラックエンブレムが桜花賞で10着であったことを考えると人気ほど評価しなくてもよいと考えます。

3枠 5番 ムードインディゴ
前走の忘れな草賞で勝ちましたが、上位に入った馬の成績をみると、レース自体のレベルが低かったと考えます。このメンバーに入っては厳しいのではと考えます。

3枠 6番 エフティマイア
桜花賞で2着と善戦しましたが、ソーマジックやリトルアマポーラに先着したのは内を回った差であると考えます。またスローで上がり勝負になった場合、さほど速い足もないと考え、ここでは軽視します。

4枠 7番 ブラックエンブレム
桜花賞では10着といいところはありませんでした。前々走のフラワーカップでは逃げて勝ちましたが、2着のレッドアゲートのほうが評価される内容でした。スローペースになりそうなので、好位または前で競馬ができるので展開的には、この馬にとっては有利になるかと考えます。

4枠 8番 マイネレーツェル
桜花賞では6着でした。前々走のフィリーズレビューではレジネッタに先着し勝っています。能力的には通用してもおかしくないと考えますが、桜花賞のレースを見ると外を回っておいこんだリトルアマポーラ、レジネッタに先着することは薄いのではと考えます。

5枠 9番 ライムキャンディ
前走のスイートピーSでは12着に惨敗しています。前々走のクイーンCではリトルアマポーラの2着にはいっていますが、1 1/4馬身離されていますので、ここでは厳しいと考えます。

5枠 10番 レジネッタ
桜花賞での勝ち馬なので、ここに入っても当然警戒する必要がありますが、負けたリトルアマポーラとソーマジックとは差はありません。

6枠 11番 ジョイフルスマイル
忘れな草賞で7着なので、ここでは通用しないと考えます。

6枠 12番 ソーマジック
桜花賞では3着でした。勝ったレジネッタとは位置どりの差と考えます。好位にもつけれるので、スローペースでも対応できると考えます。

7枠 13番 スペルバインド
前走のスイートピーSでは2着でした。勝ったアロマキャンドルからは1馬身以上はなされていますのでアロマキャンドルに先着する可能性は低いと考えます。

7枠 14番 カレイジャスミン
前走のフローラSでは2着になりましたが、うまく逃げて残れたもので、着順ほど価値はないと考えます。前々走のフラワーカップでの6着やクイーンCの11着とおりの実力ではないでしょうか。ここでは軽視します。

7枠 15番 トールポピー
桜花賞では8着でした。馬体重が前走から-10Kの460Kで明らかに細めでした。今回も馬体重には注目する必要がありそうですが、軽視はできません。

8枠 16番 エアパスカル
桜花賞では9着で、実力とおりの結果と考えます。

8枠 17番 オディール
桜花賞では12着と惨敗してしまいました。桜花賞では3番人気に指示されて裏切る形になりましたが、ここでもきびしいと考えます。

8枠 18番 リトルアマポーラ
桜花賞では5着と敗れましたが、レジネッタよりもさらに外を回ってのもので、勝ったレジネッタと同等以上の評価ができます。

現在のところ、整理すると、馬券対象には、アロマキャンドル、レッドアゲート、マイネレーツェル、ブラックエンブレム、レジネッタ、ソーマジック、トールポピー、リトルアマポーラ の8頭になります。
そのうち、もっとも注目しているがリトルアマポーラで、次にアロマキャンドル、レジネッタ、ソーマジックの順になります。
微妙なのはトールポピーで馬体重が減っているのではないか気になります。桜花賞レベルであれば馬券はいらないのではと考えます。

スポンサーサイト



にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキング

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

2008.05.24 | Comments(0) | Trackback(0) | 考察

«  | HOME |  »