fc2ブログ

はじめに

本ブログは中央競馬に関する予想や考察等について記載しています。 予想については情報量の差からG1レースを中心にしています。本サイトの内容について、作者の思い違い等により、誤った情報が記載されている可能性もあります。 また、本ブログの記載内容は予告なし変更・削除することがあります。 本ブログの利用によって生じた損害については当方では一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。 勝馬投票券は自己責任でご購入お願いします。

第44回 小倉記念 の考察 (2)

1枠 1番 ワンモアチャッター
前走の金鯱賞では9着でした。連対までは厳しいと考えますが、中京記念では4着と好走していることもあり、単純に軽視はできません。

2枠 2番 ニルヴァーナ
前走のオアシスステークスでは16着と惨敗していますが、ダートで不良馬場ですので、参考外とします。前々走のオーストラリアTでは5着でした。3走前の中京記念では11着と惨敗していますが、4走前の小倉大賞典では5着と好走しており、注意は必要です。

2枠 3番 ドリームジャーニー
前走の安田記念では10着、前々走のマイラーズカップでは14着と2桁着順が続いていますが、このメンバーでは実力的には上位となります。ただし、軽量な馬なのでトップハンデの57Kがやはり気になります。

3枠 4番 ナリタプレリュード
前走の七夕賞では14着と惨敗しています。休み明けではありましたが、負けすぎで、まだ厳しいと考えます。
3枠 5番 サンレイジャスパー
前走のマーメイドステークスでは12着としんがり負けでした。昨年の覇者ですが、長期休み明けではありますが、ちょっと負けすぎです。小倉コースは相性がいいですが、今回は押さえ程度の評価とします。

4枠 6番 レインダンス
前走のマーメイドステークスでは10着と惨敗しています。重馬場が敗因とも考えられますが、近走の成績では2桁着順が続いています。やはり厳しいのではと考えます。

4枠 7番 ヴィータローザ
前走の七夕賞では5着でした。好走はしましたが、ミヤビランベリが逃げ切る前残りの展開で前にいて5着ですので、そう評価はできません。

5枠 8番 ダブルティンパニー
前走の七夕賞では10着でした。ここでは厳しいと考えます。

5枠 9番 ケンブリッジレーザ
前走の博多ステークスでは8着でした。ここでは厳しいと考えます。

6枠 10番 ダイシングロウ
前走の博多ステークスでは2着のグロリアスウィークに3 1/2馬身差で圧勝しています。博多ステークスでは3番手と逃げてはいませんが、前2頭が離れて逃げていたので、事実上は自分のペースで走れています。前々走の京橋特別では逃げて2着のテンシノゴールドに4馬身差で圧勝しています。自分のペースで走れた場合はかなり強いと考えます。今回は同型のミヤビランベリがいますので、無理に先頭にたつことはないかと考えますが、うまく自分のペースではこべれば好走する可能性もあります。

6枠 11番 ピカレスクコート
前走のマーチステークスでは15着でした。ここでは厳しいと考えます。

7枠 12番 ウイントリガー
前走のラジオNIKKEI賞では11着と惨敗していますが、勝ち馬とは0.5秒差ですので着順ほどは負けていません。斤量が49Kでどこまでいけるかといったところです。

7枠 13番 カネトシリベルテ
前走の九州スポーツ杯では1着でした。2着に2 1/2馬身はなして勝っていますが、2着のケイアイケイマンが晩春ステークスで18着、メルボルントロフィーで14着ですので、相手に恵まれての勝ちでありました。ここでは軽視してもよいと考えます。

8枠 14番 ミヤビランベリ
前走の七夕賞では逃げ切って1着となりました。今回は強力な同型のダイシングロウがいるため、マイペースで逃げることができるかが鍵になります。七夕賞のような展開にはならないと考え厳しいのではと考えます。

8枠 15番 グロリアスウィーク
前走の博多ステークスでは2着でした。ダイシングロウに3 1/2馬身はなされていますので、ダイシングロウに勝つのは厳しいと考えます。

実力的にはドリームジャーニーが抜けていますが、57Kでどうかというところです。後は、ワンモアチャッター、ニルヴァーナ、ドリームジャーニー、サンレイジャスパー、ダイシングロウ、ウイントリガー、グロリアスウィークが馬券対象に残ります。

スポンサーサイト



にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキング

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

2008.08.02 | Comments(0) | Trackback(0) | 考察

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »