fc2ブログ

はじめに

本ブログは中央競馬に関する予想や考察等について記載しています。 予想については情報量の差からG1レースを中心にしています。本サイトの内容について、作者の思い違い等により、誤った情報が記載されている可能性もあります。 また、本ブログの記載内容は予告なし変更・削除することがあります。 本ブログの利用によって生じた損害については当方では一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。 勝馬投票券は自己責任でご購入お願いします。

第43回 関屋記念 の考察

人気となっているマルカシェンクですが、このメンバーでは実力は抜けています。前走のダービー卿チャレンジでは8着と負けていますが、前が有利な流れで、出遅れたもので、評価を落とす内容ではありません。但し、今回も前が有利な流れになりそうなメンバー構成であることは考慮する必要があります。

前走の米子ステークスで1着のフサイチアウステル、3着のトップオブツヨシも人気となっています。
前走、前々走と逃げて勝っているフサイチアウステルですが、今回も逃げれそうなメンバー構成です。展開的には有利に働きそうです。米子ステークスでは外を追い上げて届かなかったトップオブツヨシですがこのレース自体はフサイチアウステルより評価のできる内容でした。ただし、米子ステークス自体、レベルの低いメンバー構成でしたので、このメンバーに入って、どの位置にあるかをよく検討する必要があります。

リザーブカードは前走の都大路ステークスで大敗しています。前が有利な流れで大外をとおったにしても負けすぎのように考えます。前々走のダービー卿チャレンジでは4着と好走していますが、これは内々の経済コースを通れてのものあまり評価できる内容ではありませんでした。

前走の七夕賞で7着に敗れたトウショウヴォイスですが、直線、馬場の悪い内を通らされた結果で、そう悲観する内容ではありません。前々走のエプソムカップでは4着と好走しています。注意は必要です。

スポンサーサイト



にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキング

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

2008.08.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 考察

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »