fc2ブログ

はじめに

本ブログは中央競馬に関する予想や考察等について記載しています。 予想については情報量の差からG1レースを中心にしています。本サイトの内容について、作者の思い違い等により、誤った情報が記載されている可能性もあります。 また、本ブログの記載内容は予告なし変更・削除することがあります。 本ブログの利用によって生じた損害については当方では一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。 勝馬投票券は自己責任でご購入お願いします。

第28回 ジャパンカップ の考察

3世代のダービー馬、メイショウサムソン、ウオッカ、ディープスカイや、2世代の菊花賞馬、アサクサキングス、オウケンブルースリ、昨年のグランプリホース、マツリダゴッホなど豪華な顔ぶれになった今年のジャパンカップ。楽しみな一戦となりました。但し、ウオッカ、ディープスカイが出走した天皇賞が見ごたえのあるレースであった分、きつい競馬であったことは間違いありません。今回も、天皇賞のような名勝負が見られるかどうかは疑問です。

まずは各馬についてみていきます。

1枠 1番 オウケンブルースリ
菊花賞では他の馬とは力の差を感じる強い勝ち方をしました。神戸新聞杯ではディープスカイの0.1秒差の3着ですので、ここでも十分通用すると考えます。

1枠 2番 メイショウサムソン
勝ちきれない競馬が続いていますが、宝塚記念では勝ったエイシンデピュティのアタマ差の2着で、勝ちにひとしい内容でした。ウオッカ、ディープスカイのほうを力関係では上位ととりますが、天皇賞組の調子次第では勝ち負けまでありえると考えます。

2枠 3番 トーセンキャプテン
天皇賞(秋)では16着、毎日王冠でも8着と、いくらペリエでも厳しいと考えます。

2枠 4番 ウオッカ
天皇賞(秋)では見事、勝ちました。実力的にはやはりもっとも最有力となりますが、天皇賞組はレコード決着のきつい競馬であることを考慮する必要があります。

3枠 5番 ダイワワイルドボア
菊花賞8着では、同じ3歳のオウケンブルースリとは力差を感じます。ここでは厳しいでしょう。

3枠 6番 パープルムーン
比較材料がないので正直わかりませんが、成績を見る限り、ここでは厳しいと考えます。

4枠 7番 ネヴァブション
前走の秋華賞では15着と負けすぎで、ここでは厳しいと考えます。

4枠 8番 トーホウアラン
京都大賞典では勝ちましたが、0.1秒差で2着のアドマイヤモナークが天皇賞(秋)では12着であったことを考えると、ここでは厳しいと考えます。

5枠 9番 ディープスカイ
天皇賞(秋)では勝ち馬とはタイム差のない3着となり、十分に古馬に通用することを証明しましたが、天皇賞の結果からは着順とおり、ウオッカを上位にみます。但し、ディープスカイは目標がジャパンカップであったことを考えると、ウオッカより上積みが見込めますが、この馬にとってもきつい競馬であったことは間違いありません。ウオッカ同様、疲れを考慮する必要があります。

5枠 10番 オースミグラスワン
天皇賞(秋)では勝ち馬から0.3秒差の7着でした。上位3頭との力差はありますが、大外を追い込んで、この着差であれば十分評価のできる内容であったと考えます。ウオッカ、ディープスカイの調子次第では十分チャンスはあると考えます。

6枠 11番 シックスティーズアイコン
比較材料がないので正直わかりませんが、成績を見る限り、軽視はできません。

6枠 12番 マーシュサイド
取り消し

7枠 13番 マツリダゴッホ
産経賞オールカマーでは相手が弱かったことが大きいですが楽勝でした。目標は有馬記念でしょうが、天皇賞組の調子次第では、上位にきてもおかしくありません。

7枠 14番 ペイパルブル
比較材料がないので正直わかりませんが、成績を見る限り、軽視はできません。

7枠 15番 アサクサキングス
天皇賞(秋)では8着と、上位馬とは実力の差を見せ付けれたレースでした。また、宝塚記念でも2着メイショウサムソンから0.4秒差の5着ですので、力の差は歴然です。先行有利な流れになって、どこまで粘れるかが鍵となりでしょうが、ルメールは怖いですが、やはり厳しいと考えます。

8枠 16番 スクリーンヒーロー
前走のアルゼンチン共和国杯ではアルナスラインを負かして1着となりましたが、アルゼンチン共和国杯でアルナスライン、ジャガーメイルとの差は位置取りの差です。このメンバーに入っては、やはり、一枚落ちると考えるのが妥当です。騎手の腕でどこまでこれるかが気になるところです。

8枠 17番 アドマイヤモナーク
天皇賞(秋)では12着と、ここでは厳しいと考えます。

8枠 18番 コスモバルク
日経賞、有馬記念の結果からは、このメンバーでは厳しいと考えます。

現時点では、日本馬ではオウケンブルースリ、メイショウサムソン、ウオッカ、ディープスカイ、オースミグラスワン、マツリダゴッホが馬券対象に考えています。ウオッカ、ディープスカイについては通常であれば、本命候補になりますが、天皇賞の疲れが気になりますので、押さえ評価まで落とす可能性もあります。

スポンサーサイト



にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキング

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

2008.11.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 考察

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »