fc2ブログ

はじめに

本ブログは中央競馬に関する予想や考察等について記載しています。 予想については情報量の差からG1レースを中心にしています。本サイトの内容について、作者の思い違い等により、誤った情報が記載されている可能性もあります。 また、本ブログの記載内容は予告なし変更・削除することがあります。 本ブログの利用によって生じた損害については当方では一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。 勝馬投票券は自己責任でご購入お願いします。

第3回 ヴィクトリアマイル の考察

今回のヴィクトリアマイルではウオッカとベッラレイアをどう見るかが一番のポイントとなります。

実力的には抜けているウオッカですがドバイ遠征での疲れが懸念されます。また、近走の着順をどうみるかですが、これは牡馬一線級との競馬での結果で悲観する内容ではないと判断します。京都記念での上がりタイムはメンバー中最速でした。実力を出し切れなくてもこのメンバーで連をはずすことはないのではと考えます。

休み明けでの出走となるベッラレイア。東京では連をはずしていません。秋華賞ではウオッカを上回る上がりタイムでの4着でした。使えなったのは何らかの理由があると見ますが、実力的にはウオッカと同等の評価をします。

出走メンバーをみると実力的にはこの2頭が抜けており、まともなら2頭で決まると考えます。しかしながら、2頭とも不安要素があるので競馬を難しくしています。

2頭以外で人気となっているのがニシノマナムスメ。マイラーズカップではカンパニーの2着で、勝ったカンパニーより外を回ってのもので十分評価できる内容でした。

阪神牝馬Sの1着馬のエイジアンウインズですが、展開がはまったもので、東京マイルでどうでしょうか。また、前々走の心斎橋ステークスでは追い込んで1着にきていますがこの時は相手が弱かったと判断します。

阪神牝馬Sでエイジアンウインズにクビ差で2着馬となったブルーメンブラットですが、メンバ中最速の上がりタイムで追い込んでクビ差までせまったことを考えると、東京マイルではエイジアンウインズよりあっているのではと考えます。

後、気になるところではジョリーダンス。昨年のヴィクトリアマイルではメンバー中最速の上がりで追い込んでの5着、安田記念では牡馬一線級に混じっての3着ときており、東京マイルでは要注意です。

スポンサーサイト



にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキング

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

2008.05.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 考察

«  | HOME |  »